テーマ「ものづくりの心得」の投稿一覧

モノづくりに”誰のため?”が必要な理由

2015.09.07 (月)

モノづくりに“誰のため?”が必要な理由、 それは、誰が使うかを決めないと設計できないからです。   子供が使うモノと、大人が使うモノはサイズが全然違いますし、 男性用か女性用でも違います。 &nbs … 続きを読む»

魅力のある製品には何があるか?

2015.09.05 (土)

魅力のある製品にあるもの、 それはストーリーです。 ストーリーと言ってもさまざまです。 そのモノ自体が持っている歴史。 なるほど!と思える機能から感じることができる作り手の思いやり。 誰かと一緒に使った思い出。 初めから … 続きを読む»

モノで語るエンジニアになろう

2015.08.24 (月)

私がまだ大学院で工業デザインを学んでいたころ、 担当教官に言われた言葉があります。   「優れたデザイナーは、黙って良いモノを世の中に置いていくもんだよ」   学校の課題で、プレゼン資料に精を出してい … 続きを読む»

ものづくりの共同作業を妨げるもの

2015.04.19 (日)

ものづくりの共同作業を妨げるもの、 その一つに立場があります。   高度な技術を使用したものづくりになれば、 当然一人で完成できる部分も限られてきます。   そういった場合は、 自分で実現できないこと … 続きを読む»

使い手の声を聞きすぎない

2015.04.18 (土)

以前『使い手にマッチしたものづくりを実現する方法』というコラムの中で、 使い手をデザインチームに加えることで、 はずれの少ないものづくりに近づけるという内容を書きました。   しかし、 使い手の意見(声)の取り … 続きを読む»

ファブリケーションについて思うところ

2015.04.16 (木)

今回のコラムはコーヒーブレイクです。 ものづくりに関係する人は聞いたことがあるかもしれない、 ファブリケーションについて思うところを書いていきます。 興味のある方はお付き合いください。   元々、ファブリケーシ … 続きを読む»

ものづくりとコミュニケーション

2015.04.14 (火)

今回のコラムでは一冊の本を紹介します。 リチャード・ワーマン 『理解の秘密』(NTT出版)   この本はコミュニケーション・ロスを解消し、 相互理解を図るためのインストラクション(指示・説明)の働きと、 その活 … 続きを読む»

技術とデザインはどちらが先か?

2015.04.11 (土)

技術とデザインではどちらを先に検討すべきでしょうか?。   それはデザインです。   ここでいうデザインとは、 単にスタイリングに留まらず、 モノ・コトの問題点を洗い出し、 より魅力的な解決策を見出す … 続きを読む»

使い手にマッチしたモノづくり方法

2015.04.10 (金)

使い手にマッチしたものづくりを実現する方法があるとすれば、 それは、使い手と一緒に考えることです。   問題点の洗い出しや、アイディアを広げるワークなど、 ものづくりのできるだけ初期の段階から、 使い手にチーム … 続きを読む»

インクルーシブデザインについて②

2015.04.09 (木)

前回に引き続き、 インクルーシブデザインについて取り上げます。 本の中では、 インクルーシブデザインのアプリーチについて、 以下の4つを挙げています。   ・ユーザーと共にデザインする ・多様なユーザーと共に考 … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP