エンジニアのモチベーションを回復

2015.11.22 (日)
ラブレター

エンジニアのモチベーションを回復させる方法は、すごく簡単なことかもしれません。

もともと試行錯誤が好きな人種なので、マイコンでもレゴブロックでもテーブルにおいておけば、

あとは勝手に楽しんでしまうからです。

 

今日は、知り合いのエンジニアの方が主催するマイコン勉強会に参加しました。

小学生から大人までが入り混じってマイコンボードを動かすという勉強会でしたが、

モータが動いたり、LEDが光ったり、音が鳴るだけで、十分楽しむことができました。

そして、あっという間に時間は過ぎて終了時間を迎えました。

 

私自身参加して感じたのは、エンジニアは手を動かしてなんぼということ。

手を動かすとは、図面を書いたり、プログラムを書いたり、エンジニアとしての作業をすることです。

当たり前のコトですが、答えは本当にシンプルだと気付かされます。

 

一方で、会社や組織ではエンジニアのモチベーションを下げる仕事が多いものです。

 

一つはドキュメント

私の経験でも「最近コーディングしていないよ」という会話が成り立ってしまうくらい、ドキュメント仕事が多いものです。

そして多くの時間をかけて作成した書類は、ろくに見られずに終わってしまう物もあります。

 

外注手配もモチベーションを下げる要因の一つになりえます。

開発サイクルの早い今日では、外注設計に頼らざるを得ない部分があります。

しかし、外注手配を担当する人にとってはあまり面白くないもの。

 

外注に手配するための書類を書く→外注は試行錯誤して実力が付く→自分は上がってきたコードをチェックするのが仕事、

という状況に嫌気がさすという人もいます。

 

そしてこれらの仕事は一度担当するとずっとその役に定着してしまう場合があります。

特に若手エンジニアはまだ仕事をこなせないとみられやすく、取説やら手配をずっとやらされてしまいがちです。

そのまま2年3年が過ぎると、うまくスキルアップできていない自分に焦りを感じ、アイデンティティの危機に陥ります。

 

自分が何年もそういう立場にいるのではあれば、声を大にしてその状況を変えてもらうように訴えかけるべきです。

そうしないと、その状況はずっと続いてしまう可能性が高いです。

 

そして、それを聞き入れてもらえないのであれば、会社の外で勉強できる場所を探しましょう。

会社の外に出ると技術情報は有料になってしまいますが、会社の外でも工学系の勉強ができる場所が増えてきています。

そしてそういった場所には、自分と似た感覚を持っている方が集まるものです。

仲間とめぐり会える可能性もあります。

私が参加した勉強会は、始めてあった人がほとんどでしたが、

おなじモノづくり系の方ということもあって非常に居心地良く過ごさせていただきました。

そういう場を見つけて参加してみましょう。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: エンジニアのモチベーションを回復

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@anopro.net

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP