製品の価値を高めるには

2015.09.01 (火)
試作

製品の価値を高めるには、
できるだけ多くの試作が必要です。

 

特にまだ世の中にないモノを作り出そうとしている場合は、
段階を踏んで試作と修正を繰り返すことが有効です。

 

そしてその試作品を、
使ってほしいと思っている人に触ってもらって、
意見をもらい、修正を加えるという作業の繰り返しです。

 

当たり前のコトのようですが、
企業の中ではあまり実践されていないように思います。
試作を繰り返すには、時間とお金が掛かります。

 

スピードが求められる世の中では、
敬遠されがちな方法かもしれません。

 

しかし、効果は絶大です。
簡単にまとめると以下のような効果が期待できます。

 

・形にすることで頭で考えていたこととは違った結果が得られ、
人からの意見も得やすくなります。

・複数案から誰もが納得する案への絞り込みがしやすくなり、
複数案をすでに形にしているため、後戻りも少なくなります。

・使い勝手や使った印象といった数値ではかれない部分の判断は、
実際に形にしてみないとできません。

・開発者にとっても、一発勝負のプレッシャーの軽減につながります。

 

そして、
試作にはお金と時間がかかるという構造も改善しつつあります。

 

3Dプリンターのようなデジタル加工の普及は、
短期間でイメージを確認するのに役立ちます。

 

また、
3Dデータを作るCADも無償のソフトが出回っています。

 

これからの製品づくりは個の時代と言われています。
今まで以上に使い手との対話が必要になってきます。
ちょっとためしで触ってもらえる、
試作品を手早く作れる技術が求められます。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 製品の価値を高めるには

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@anopro.net

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP