初心者におすすめの無償3DCADとは

2015.09.14 (月)
designspark

近年3Dプリンター等のデジタル加工機の普及もあって、
無償で使える3DCADが増えてきています。

 

いろいろと使った中で私が一番使い易いと思ったのは、
RSコンポーネンツ社が出しているDesignSpark Mechanicalです。

 

DesignSpark MechanicalはSpaceClaimeという有償3DCADのOEM版で、
操作性は同じです。

 

無償版ということで、
SpaceClaimeから、図面を書く機能や解析機能が削られ、
単純に3Dモデルを作る機能だけが入っています。

 

特におすすめな理由としては、操作性のわかりやすさです。
画面はOffice2007以降に見られような、
リボンインターフェース(機能をタブで分ける)を採用しており、
ボタンも少なめで、ちょっとCADを触ったことがある方であればすぐに使いこなせます。

 

また、部品を個別のモデル(ファイル)で作成して、
組み立てるられる【アッセンブリ機能】が残されているので、
本格的なメカ設計にも使うことができます。

 

マイナス点としては図面を書く機能がないことです。
誰かに見せるとき、寸法を確認したいとき、
図面で確認することができません。
これは、少し専門的な話になりますが、
モデルを組み立てる際の原点位置の扱いがいまいちです。

 

しかし、初めて3DCADを触る方や、
単純に3Dプリンター用のデータを作るには十分すぎる機能が備わっています。

 

Autodeskから出ているAutodesk Fusion 360というソフトも、
学習用、検討用に限り無償で提供されています。
(本来30日間のトライアル版ですが、無償期限を延長できるとのこと。)

 

このソフトは非常に強力です。
DesignSparkにはない、解析や図面を書く機能がまるまる残っています。

 

他の有償ソフトを凌駕する機能を有していますが、
高機能すぎて初心者には向かないのではと思います。
また、英語表示のみというのも初めて使う人には壁になるのではと思います。

 

無償のCADは2Dでも3Dでも探せばいくらでも出てきます。
自分に合った無償ツールを見つけてチャレンジしてみましょう。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 初心者におすすめの無償3DCADとは

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@anopro.net

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP